エステ ニキビ跡

こんなニキビ・ニキビ跡の悩みを解決したくないですか?

  • ニキビがなかなか治らない
  • 同じとろこに何度もニキビができる
  • ニキビやニキビ跡の赤みがなかなか消えない
  • ニキビ肌のお手入れ方法が分からない
  • ニキビ跡がクレーター状になってしまった

【解決するにはこんなケアが欠かせません】

  1. 炎症原因となるアクネ菌を退治、根本からニキビの再発しない肌へ
  2. ニキビタイプ別に最適なピーリング剤で安全で効果的なケア
  3. お肌の変化に合わせたオーダーメイドケア

 

これらのケアを受けるために医師がメニューを開発したオーダメイドピーリングが受けられます。

 

★3万症例の経験と実績をもつ医師開発ニキビ専門ケアはコチラ★

 

詳細はコチラをクリック

 

 

 

 

 

 

 

ニキビ跡はエステサロンでは治せません!

エステでニキビ跡は無くなりません

 

ニキビ跡になる原因は、

1,炎症をおこし皮膚が凹んでしまう
2,黒ずみ・赤みが残り赤ら顔や色素沈着をおこしてしまう

ことが挙げられます。
このニキビ跡をキレイなお肌に再生するには、

★凸凹に対する治療
★色に対する治療

の2つが必要となります。

 

エステサロンは医療機関ではないので、治療行為はできません。
そのため使用する機器もお肌に変化を及ぼさない程度の出力が弱いタイプの機器を使用しています。
お肌に変化を及ぼしては医療行為になってしまうからです。
あとはハンドマッサージで老廃物の排出などを促進するケアが中心となります。

 

ちなみにニキビは皮膚疾患のひとつで、欧米では病気として扱われています。
医学的に座瘡(ざそう)とよばれ、クリニックでの治療が行われています。

 

そのニキビが原因となるニキビ跡ですから、エステサロンではなく治療ができる皮膚科や美容皮膚科・美容外科でしっかりと完治を目指したいですよね。
では、皮膚科と美容外科の違いって御存知ですか?
その違いとは・・・

皮膚科と美容外科・美容皮膚科の違い

皮膚科と美容外科の違いには大きく分けて下記の2つになります。

 

治療方法が違います

皮膚科では塗り薬を中心とした治療が主になります。
美容外科・美容皮膚科では、手術も含めた美容という観点から治療を行います。

 

保険の適用が違います

治療内容にもよりますが、一般的に皮膚科では保険が適用され、美容外科・美容皮膚科では保険は適用されません。

 

皮膚科と美容外科・美容皮膚科の違いはコチラ!

皮膚科での治療

費用は安くすみますが、治療期間は長く継続して通院が必要となります。

 

美容外科・美容皮膚科での治療

費用は高くなりますが、治療期間は短く、早期の症状改善が期待できます。

 

美容外科・美容皮膚科の治療方法について調べてみました

ニキビ跡の治療で人気のレーザー治療専門美容皮膚科シロノクリニックでは下記のような治療が行えます。
治療方法は症状によって異なります。

【赤みタイプ】
ニキビができて6カ月以内のニキビ跡には、赤みに吸収される特性を持つレーザーであるVスターレーザーや、フォトシルクプラス、ピュアアクネス、クリアタッチという光治療器を使用します。
6カ月〜1年以上経過したニキビ跡には、コラーゲン産生作用を促すレーザーである、ヤグレーザーピーリングやフラクセルレーザーを使用します。

 

【凸凹タイプ】
凸凹のあるニキビ跡には、コラーゲン産生作用を促す治療を行います。その他に、ピーリングやコラーゲン注入を組み合わせて行うことで、しっかりと改善させます。

 

【茶色タイプ】
色素沈着になってしまったニキビ跡には、茶色がかった色味を薄くしていく治療を行います。また、美白剤などの院内処方薬や美白点滴を併用する場合もあります。

*シロノクリニックの治療方法より引用

ニキビ跡の治療方法について

美容皮膚科での機器を使った治療方法には、症状に合わせていくつかの種類があります。
シロノクリニックでの実例を参考に、治療方法をみてみましょう。

 

赤みタイプのニキビ跡に効果的

・Vスターレーザー
・ピュアアクネス
・クリアタッチ

 

赤み、茶色タイプにニキビ跡に効果的

・フォトシルクプラス

 

凸凹タイプにニキビ跡に効果的

・フラクセルレーザー

・サーマクール
・クリスタルピーリング
・PRP(多血小板血漿)

 

赤み、凸凹タイプにニキビ跡に効果的

・ヤグレーザーピーリング

 

★シロノクリニックの詳細はコチラから>>レーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック

 

 

ニキビの治療例

ニキビ跡の治療でお悩みの方へ

ニキビ跡がお悩みで、今まで自分でスキンケア商品や塗り薬で改善を試みたけど効果が無かったという方へ。
ニキビ跡を治すためにいろいろな選択肢を考えていると思います。
最近のエステサロンはお値段も手頃になり、通いやすくなっています。
もちろん先述したとおりエステでは治療行為はできませんので、安くても効果が体感できない状態が続く可能性があります。
癒しを求めてエステサロンに行くならいいのですが、治療目的ならば「皮膚科・美容皮膚科・美容外科」を選ぶべきです。
費用的に抑えたいならば皮膚科、短期間で効果を体感したいならば美容皮膚科・美容外科での治療を選べばいいでしょう。
皮膚科での治療は長期間になりますので、通院しやすい場所の皮膚科を選びましょう。
また、美容外科・美容皮膚科の医院・クリニックは皮膚科ほど数が多くありませんので、施術内容と金額・保障制度などトータルを把握して比較しましょう。